ADHDと脳の関係

ADHDは脳のワーキングメモリーが充分に働かない発達障害

ADHDは脳のワーキングメモリーが充分に働かない発達障害

 

ADHDの方は状況判断をするのが苦手であるといわれます。
その結果が考えなしに感情に任せた行動となるわけですが、
そもそもこれは一体何が原因で起こっているのでしょうか。

 

脳にはワーキングメモリーといって、
一時的な記憶を保管しておく領域が存在します。
パソコンでいうところのキャッシュに近い存在ですね。
ADHDの方はこのワーキングメモリーが充分機能していないために、
状況を客観的に判断するための充分な情報を揃えられず、
次になにをするべきかといった判断すらできないというわけです。

 

これは脳の構造上の問題で、現状ではどうすることもできません。
ではどうするかといいますと、代わりを用意する以外に手はありません。
脳内にメモを取っておける領域がないのであれば、
実際にメモを取ってやれば良いというわけです。

ADHDは大人になるまで持ち越してはいけない

 

ADHDはじっとしていられないですとかケアレスミスが目立つですとか、
長い会話ができないなどの社会的に致命的な面の多い発達障害です。
子供の内は落ち着きのない、忘れ物の多い子という程度で済みますが、
大人になって働こうとなった時にこれではどうにもなりません。

 

ですからできる限り早期に発見して子供の内に治療を行うことですね。
大人になってからでは矯正が難しくなってくる上に、
精神科のお世話になるというそれだけでも抵抗感のあるところです。
子供の内でしたらそれも矯正しやすくなりますし、
小児精神科となる分抵抗感も少ないでしょう。

 

「うちの子が障害者だなんてみっともなくて知られたくない」
などというのは親の言うことではありませんよ。
お子さんが可愛いなら早い内の治療が重要なのです。

続きを読む≫ 2016/04/03 11:59:03

ADHD持ちの子供が劣等意識を持ってしまわないために

 

ADHDの子供は劣等感が強くなってしまう傾向があります。
別にADHDだから劣等感が強くなりやすいということはないのですが、
それが元で劣等感が強くなるきっかけが多く生じてしまうのです。

 

例えばADHDの主な症状である注意欠陥ですが、
これがあることにより忘れ物が多くなったり、
宿題をすっぽかしたりといったことが多くなります。
それを指して教師から叱責を受けることで自分はダメな人間と思い込み、
劣等意識が生まれてしまうというわけです。
もちろんこれは教師に限った話ではなく、
親から子に対する類似のケースでの叱責も当てはまります。

 

これを避けるにはそれらを確認させるクセをつけるのももちろんですが、
それと合わせてADHDだということを教師に理解してもらうことですね。
それをどう受け止めて実践してくれるかはその教師次第ですが、
それでも何もしないよりはずっと良いでしょう。

続きを読む≫ 2016/04/03 11:59:03

あなたのクラスにも1人はいたかもしれないADHD

 

どんな時もじっとしていられず先生の話も聞こうとしない。
宿題を出されれば決まって忘れてくるし、
普段のノートや教科書もそれと同じで忘れてくることが多い。
そんな子があなたのクラスにも1人はいたのではないでしょうか。

 

それはもしかするとADHDであった可能性が高いでしょう。
ADHDとは簡単に言うと先天的な脳の機能障害で、
障害といいますかまあ、“普通”とされている人とは脳の作りが違うために、
ちょっと変わった行動を取ってしまう人と言った方が良いでしょうか。

 

もしかすると単に親のしつけが悪いだけという可能性もありますが、
落ち着きがないだけならともかく、忘れ物やうっかりが多いようなら、
ADHDである可能性は高いと思って良いでしょう。

続きを読む≫ 2016/04/03 11:59:03

おもちゃを片付けられないことから伺えるADHD

 

おもちゃを片付けられないというのはどこの子供でもあることですが、
もしも性格的な問題で片付けを嫌がるというのではなく、
片付けしようとはするもののすぐ何かに気を取られてできないのであれば、
その子はもしかするとADHDかもしれません。
加えて忘れ物が多かったり、ケアレスミスが目立つようなら、
ほぼ間違いないと思って良いでしょう。
ADHDといいますのは脳の発達障害の一つであり、
先天的に脳の構造が他とは違うことによって起こる諸症状です。

 

なお、ADHDはじっとしているべき場所でそうできないですとか、
考えるより先に口や体が動いてしまうといった行動もあるのですが、
不注意優勢型の場合はより分かりやすいこれらの症状が見られないため、
症状を見落としてしまうことも多いので注意して見てあげましょう。

続きを読む≫ 2016/04/03 11:59:03

考えるより先に口が出てしまうADHDの症状を治すには

 

ADHDの特徴に「考えるより先に口や体が動く」というのがありますが、
数ある症状の中でもこれを治すのが一番厄介かもしれません。
なぜなら「考えるより先に口が動いてしまう」わけですから、
「一旦踏みとどまって考えてみる」ことができないわけですからね。
しかもその発言の内容が他者の顰蹙を買うようなことだとしたら、
社会的地位をも損ねかねない重大な問題です。

 

ではそんな厄介な症状をどうやって治していけば良いかというと、
その解法の一つとして「思ったことをメモにしてみる」というのがあります。
体が動くのを止められないなら、口ではなく手を動かしてやれば良いのです。
そうして一度メモにしたことを反芻してみて、
問題がなければ改めて口に出すという風にするのです。

 

慣れていけば頭の中でのみ反芻できるようにもなりますから、
手間となるのは最初の内だけですよ。

続きを読む≫ 2016/04/03 11:58:03

今の時代ならそれほどデメリットともならないADHDの特徴の一つ

 

ADHDの典型的な特徴の一つに、片付けができないというのがあります。
ADHDは目に入る対象に次から次へと意識が取られてしまうので、
こちらを片付けようと思ったらまた別のものに注意を取られ、
先に片付けようとしたものを放棄してそちらに移ってしまうのです。
以後はそれの繰り返しで、結局片付けが終わらないというわけですね。

 

とはいえこれに関してはADHDでなくても片付けできない人が多いですから
度が過ぎなければそれほど問題視されることもないでしょうか。
ゴミを収集するクセがあるというのでもなければ、
せいぜい普通に部屋がごちゃごちゃしているといった程度ですからね。

 

もちろんできるだけ片付けるよう心がけるべきではありますが、
しかしそれほど悲観すべき点ではないということですね。

続きを読む≫ 2016/04/03 11:58:03

座禅や瞑想をADHDの治療に利用しよう

 

ADHDは精神科や神経科で相談して訓練を行う
というのが一般的な治療方法ですが、
それと自家療法を行う以外では座禅という方法もオススメでしょうか。
ADHDは簡単に言うと「落ち着かない病」なわけですから、
座禅を行うことによってそれを養おうというわけです。
近いところで瞑想というのも良いですね。

 

これらは宗教臭いので敬遠される方もおられるでしょうが、
その後必死に入信をせまってきたり寄付を強要してきたり、
ADHDの原因が悪霊の仕業などというようなところでもなければ
特に問題はないでしょう。
一風変わったしつけ教室だと思えば良いのです。

 

それでADHDの症状である多動性が治まれば御の字です。
下手な環境調整療法よりはよほど効果があると思いますよ。

続きを読む≫ 2016/04/03 11:58:03

仕事に支障をきたすADHDは社会に出る前の治療を

 

ADHDは「落ち着きがない」「片付けできない」障害として知られますが、
言い換えればそれは「感情に任せた粗暴な性格」で、
「ミスが多い」ということでもあります。
そうなると当然仕事には多大な支障をきたしてしまうわけで、
であるからこそ早期に発見して、子供の内に治療を施す必要があるのです。

 

中にはADHDであることに配慮してくれる会社もないことはありません。
ですがそういったケースは例外中の例外です。
会社としてはリスクのない優秀な人材がやはり欲しいわけで、
問題のある社員は法さえ許せばとっとと追い出してしまいたいものです。

 

しかし法を盾にその状況に甘んじるのは最低の人間です。
できれば障害を克服してきちんと認められたいではありませんか。
その方がお互いに気持ちが良いというものですよ。

続きを読む≫ 2016/04/03 11:58:03

例えADHDでもそれに見合った生き方をすれば

 

ADHDで大事なのはその症状を治すよう努力するのではなく、
症状を正しく理解し、折り合いをつけていくことです。
もしかすると将来的には治療法も確立されるかもしれませんが、
そもそもが脳の構造による行動障害ですので、
それをどうこうしようというのが間違っているのです。

 

ADHDを脳の障害や欠陥として捉えるのではなく、
あくまで才能的な得手不得手と考えると良いでしょう。
例えば力や器用さが足りないなら、それを補う道具を使えば良いのです。
その分野が不得意なら無理矢理にそれを行うのではなく、
他の何らかの手段を用いてそれを補えば良いのです。

 

ADHDの場合は注意力が散漫になりミスが多くなるということですので、
でしたらメモを取るクセをつけてそれを防ぐなどですね。
少々手間はかかりますが、しかし有効な方法です。

続きを読む≫ 2016/04/03 11:58:03

ADHDが原因で子供が孤立してしまうケース

 

じっとしているべき場面でもそうすることができない。
頭で考えるよりも先に感情や行動が先に出てしまう。
そんなADHDは周囲と孤立してしまう例がよく見られます。
特に損得を抜きに好き嫌いだけで人間関係を構築する子供の社会では、
それが特に顕著となりますね。
誰もそんな面倒臭い子とは関わり合いになりたくないのは当然ですから、
それはある意味で自然な流れなのでしょう。

 

しかし当の本人やその家族からすればそれはとてもつらいことですね。
特に本人はちゃんとしようという気があるにも関わらず、
自分でも制御できないところでそのような行動を取ってしまうわけですから、
そのつらさは誰より大きなものでしょう。
唯一の救いは周囲がADHDを理解してそれを受け入れることですが、
子供にそれを求めるというのも難しい話でしょうか。

続きを読む≫ 2016/04/03 11:58:03